Bリーグ・名古屋の齋藤拓実「自信を持って臨みたい、本当に楽しみ」、CSへの意気込みを語る!

タグ: , , , 2022/5/13

CS川崎戦はいよいよ目前!ゲームをコントロールする齋藤にとって、痺れる試合が続きそうだ。


 桐光学園高、明治大を経てプロ入りし、昨シーズンから名古屋ダイヤモンドドルフィンズでポイントガードとしてチームを牽引する齋藤拓実。昨年は日本代表に選出されるなど、新たなステップを踏んだ逸材は、所属チームを西地区3位に導き、チャンピオンシップ進出に大きく貢献している。

 そんな齋藤に「CoCoKARAnext」が独占インタビューを実施。今季を振り返りながら控えるチャンピオンシップ(CS)について聞いた。

【動画】齋藤拓実がCSを前に激白!川崎戦“勝利のイメージ”は?今シーズンの転機になった試合は?

――レギュラーシーズンが終わり、3位でのCS進出が決まりました。まずは、ここまでの結果を振り返っていかがでしょう?

「今シーズンはヘッドコーチも外国籍選手も全員代わり、結構ガラッとチームが変わりました。ショーン・デニスコーチのやりたいバスケットは複雑なシステムもあるので、開幕2連敗してしまったりとか、時間がかかるかなと思っていたんですが、シーズン中盤から後半にかけて、だいぶチームがフィットしてきて、勝率もかなり上がってきた中で強いチームにもしっかり勝ちきれるようになりました。

シーズンを一緒に戦ってかなり成長したのを実感していて、実際にプレーしていて楽しさもすごい感じますし、このメンバーでCSに出られるようになったのがすごい良かったなって思いますね」

――日本代表の試合も重なり、多くの試合をこなしたシーズンでしたね。

「チームでの試合がないタイミングで代表の試合を経験して、今まで代表で戦ってきた選手たちはすごいなって思いました。自分のチームと代表でのバスケの切り替えは初めてで、やっぱりかなり苦労した部分があった。タフなスケジュールを戦い抜くっていうのはやっぱり難しいことなんだなって思います。

その中で代表の選手たちと一緒にプレーして、実際に盗めるものがあったりとか、こういう考えを持ってやったりしてるんだとか、学ぶこともたくさんあった。なので、そういった意味で、代表に入る事がものすごく自分の中でも大きな刺激の1つでした。

ただ、自分のコンディションの部分がシーズン終盤にかけて、シュートの確率がちょっと落ちてしまった。そういう部分もやっぱりうまく調整できてなかったかな、っていう反省の1つです。コンディションの部分もかなり大変にはなるとは思うんですけど、そういった中でどう戦っていくかも経験できたシーズンだったのかなって思いますね」





――この1年間で最も成長できた部分は?

「ここっていうのは正直あんまりなくて…。しっかりコミュニケーションを取るようにとか、練習の時からポイントガードから声に出すようにという意識は、ポイントガードに必要な要素の1つ。そこはシーズンを通して自分一人で成長したわけではなく、ヘッドコーチやチームメートと一緒に戦ってきて、長いシーズンを戦えば戦うほど大きくなっていくのをすごく感じました。

代表に呼ばれることは初めてでしたが、意見があれば自分からかなりコミュニケーションを取っていましたし、もっとこうした方が良いんじゃないかというのも選手やヘッドコーチ、アシスタントコーチと話し合えた部分がありました。そこが、やっぱり試合に勝つために大事な答えになると思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧