コロナ禍でも東京五輪決行は22年冬季北京五輪開催のため!?バッハ会長の思惑とは

タグ: , 2020/11/30

  「東京大会をトンネルの先にある光にしたい」

 11月中旬、来日したIOCのバッハ会長は菅義偉総理らと会談。大会組織委の森喜朗会長ととも記者会見に臨み、予定通りの東京五輪開催へ不退転の覚悟を示しました。

 そもそもコロナ禍の中、会談はオンラインで十分のはず。バッハ会長がわざわざ日本を訪れた理由は、どこにあるのでしょうか。






・今すぐ読みたい→
菅総理が東京五輪をどうしてもやりたい理由・・・衆院解散、総選挙大勝の起爆剤に https://cocokara-next.com/topic/hold-the-tokyo-olympics/



 スポーツ紙のデスクは解説します。

 「スポンサーへのアピールでしょう。協賛企業の間には『本当にできるのか』『やれたとしても、コロナ禍の中での強行開催に、消費者の支持を得ることができるのか』と不安の声が聞こえてきます。大会の延期で追加経費も必要となり、組織委はスポンサー側にこれらの出費を求めていますが、そもそも経営悪化でそれどころじゃない企業も多い。IOCのトップが『絶対にやります』と強調する必要があったのです」

 そして、こう続けます。

 「でも、吹けど踊らず。新型コロナの感染拡大が悪化の一途を辿るこの時期に来たのはタイミングが悪すぎる。ネット上では『五輪なんかやっている場合か』『その分、感染防止対策や医療従事者の支援に回すべき』との声があふれている。来日キャンペーンは成功だったとは言えませんね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧