試合中に選手がスマホ落とす珍騒動…暗黙ルールを逆手に取る新庄監督の仰天行動とは

タグ: , , , 2022/8/13





 今回のカストロのように、スマホを携帯してプレーすれば、たった1度のミスだとしても、サイン盗みの「常習犯」ではないかと誤解を招く可能性がある。ともすると個人ではなく、組織ぐるみの「犯行」とまで疑われかねない。

 ただ、スマホはいまや日常生活に欠かせないツール。ベンチ裏やロッカールームでは使用が認められており、日本のプロ野球でもトラブルが起きている。12年にヤクルトの大砲バレンティンが試合中にツイッターを更新。打撃不振時に「I will never give up(おれはあきらめない)」と投稿し、球団から厳重注意を受けた。14年にもソフトバンクのサファテが同様に試合中にツイートして球団から注意された。

 球界の「スマホ」ルールを逆手に取ったのが、日本ハム新庄剛志監督。今年6月の交流戦で古巣・阪神と対戦した際、メンバー表交換後に自身のスマホを取り出すと、満員でうまる甲子園をバックに、おどけたポーズで自撮りパフォーマンスを連発した。

 試合前であれば問題はないが、グランドにスマホを持ち込むこと自体がタブー視されている球界で、関係者をヒヤリとさせたことは言うまでもない。賛否はともかく、「暗黙の了解」のギリギリを狙い、甲子園の大観衆を喜ばせたBIG BOSS流ファンサービスだった。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】燕 泥沼7連敗!村上孤軍奮闘で指揮官から叱咤された「選手の名前」とは
【関連記事】辻西武・新庄ハムで「遺恨バトル」に発展か 注目集める「ポイント」とは
【関連記事】巨人・中田 「4番」就任で評価急上昇 舞台裏で見せた「気配り」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧