忘年会に使える!疲れにくい「あぐら」のかきかたとは?

タグ: , , 2022/12/28

 2022年も終わりに近づき、そろそろ忘年会の季節ではないでしょうか?最近は徐々にではありますが、飲食店で会話を楽しむ機会も増えているように思えます。

そこで、本日は、今回は、「疲れないカラダ大図鑑」(アスコム社)より、忘年会シーズンに役立つかもしれない、居酒屋での「ラクな姿勢」についてご紹介します。

【関連記事】足がつる中高年必見!寝てる時に足がつる原因と予防法とは





疲れにくい「あぐら」のかきかた

居酒屋や和食屋に行った際、椅子や座椅子がない、といったシチュエーションってありますよね。そんなとき、とくに男性の方はあぐらをかくのではないでしょうか。

基本的に、あぐらは腰痛や疲れの原因になるので、できればしないほうがいいです。ですが、上記のようなシチュエーションにあった際、お尻の下に折りたたんだ座布団やクッションを敷くと、体への負担が軽減します。

できるだけ腰の位置を高くしたほうがいいので、座布団やクッションは折りたたむのが得策です。

座布団やクッションを敷くと、腰の位置が足よりも高くなり、骨盤を起こしやすくなります。

通常のあぐらは、腰と足の高さが同じなため、人体の構造上、後ろにひっくり返らないように、骨盤が後ろに傾いてしまいます。

ですが、腰の位置を高くしてあげることによって、骨盤が起きるため、背筋をスッと伸ばすことができます。

女性には横座りが習慣化している人がいますが、横座りは、極力避けるようにしましょう。

体に左右差が生まれて、腰に大きな負担を与えてしまいます。

また、無意識に同じ側の足を崩すクセがつくため、骨盤のゆがみが慢性化したり、圧迫されて足の血流が悪化したりするため、健康状態にも悪影響を与えかねません。

長時間の横座りは避けるようにしてください。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧