千葉ロッテ・現役コーチから学ぶ「ジュニアのための野球トレーニング」その2

タグ: , , 2019/11/14

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズでコンディショニングディレクターをつとめる楠貴彦コーチに、ジュニア・マリーンズ(小学5年生・6年生対象のチーム)でも実践しているトレーニングを教えていただきました。

・合わせて読みたい→
千葉ロッテ・現役コーチから学ぶ「ジュニアのための野球トレーニング」(https://cocokara-next.com/fitness/marines-baseball-training-for-juniors-01/)

レッスン2.地面をしっかり蹴る


おさらいですが、前回の記事で、野球の動作はすべて「地面から力をもらう」とご紹介しましたが、さらに詳しく説明します。

野球の動きだけではなく、スポーツの動き、人間の動きは、体の一部を使って地面を押して行われます。例えば、歩く動作などは足で地面を押して前に進んで行きますし、立ち上がる時も必ず地面を手や足で押して立ち上がります。

このことから考えて、野球のメインとなる投げる動作、打つ動作は地面を上手く下半身で蹴って体重移動を行ない着地し、しっかりと地面を捉えてから、思い切り蹴って上半身に強い回旋(ひねり・回転)を与えます。

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

足を上げてから前に体重移動する時は、体重を後ろに残しながらも前に体重移動します。この時、足は地面を斜め方向に蹴っています。

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

ボールを離す瞬間も、前の足で地面をしっかり捉え、地面を思いっきり蹴って膝が一気に伸ばされます。

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

(c)千葉ロッテマリーンズ

打撃フォームでも、テイクバック(腕を後ろに引く)では、後ろ足で地面をしっかり捉え、前に重心移動した時に前の足で地面をしっかり捉えます。

バットでボールを捉えるときは、前足が地面を蹴って膝が伸びた状態になります。

このことから、しっかりとした野球技術を身に付けるには、「地面をしっかり蹴る」ということが強いボールを投げること、強い打球を打つことに繋がっていきます。

今回はまず初めに、地面を蹴る準備をするポジションを身体に身に付けていきましょう!

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧