もはや自粛ハラスメント・・・あのプロ野球選手の名物パフォーマンスにもダメ出しが

タグ: , , , 2020/3/17

 自粛、自粛のオンパレードにうんざりしている人も多いだろう。

 日本野球機構(NPB)がJリーグと合同で開催した「新型コロナウイルス対策連絡会議」からも、応援方法の自粛要請の提言があった。試合開催時の指針として、肩組みや飛び跳ねなど集団での動きを伴う応援は接触感染リスク、大声を張り上げての応援は飛沫(ひまつ)感染リスクが高いことなどを指摘。

 感染リスクのある応援スタイルとして、主に以下の具体例を示した。


◆ジェット風船を飛ばす(甲子園などで名物)

◆康晃ジャンプ(DeNA山崎投手の登場シーンに合わせて、観客がその場で連続ジャンプ)

◆広島スクワット応援(チャンス時に観客が座席で立ったり座ったりを繰り返す)

◆鳴り物(楽器使用)応援

◆メガホン使用、両手をメガホン代わりにした応援

◆観客同士のハイタッチ、接触行為

◆大型フラッグ(旗)の使用

◆応援歌の合唱

◆タオルを回す(巨人などで名物)

◆タオルを横に広げて振る





・今すぐ読みたい→
今シーズンのプロ野球12球団中6球団の監督がノムさんの教え子!「金を残すは三流、名を残すは二流、人を残すは一流」の金言どおりに https://cocokara-next.com/athlete_celeb/katsuyanomura-disciple/

「ストレス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧