【F1・ベルギーGP】前代未聞!セーフティーカー先導でわずか3周、ただ大雨のなかを走行しただけでレースを成立させたことに賛否

タグ: , 2021/8/30

 29日に行われたF1第12戦ベルギーGPは大雨による悪天候のため、史上最短の3周目でレースが打ち切られる前代未聞のレースとなった。レース結果の周回数は減算されるため、1周のみ。規定で得点はハーフポイントが適用され、優勝したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(オランダ)にはフルポイント25点の半分に相当する12・5点が与えられた。

雨中を走行するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。15位だった(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 ハーフポイントとなったF1のレースはこれで6回目。2009年のマレーシアGP以来で、過去最短は1991年のオーストラリアGPで全81周のうちの14周でレースが成立した。日本人初のフル参戦ドライバーとなった中嶋悟の引退レースでもあった。

 ベルギーGPは急に強い雨脚のにわか雨が襲来する名物の「スパウェザー」で有名だが、今年は様相が少し違った。初日から天候が崩れ、土曜に行われた予選も断続的な大雨のなかアタックを仕掛けたマクラーレンのランド・ノリス(英国)が大クラッシュ。29日も雨にたたられ、決勝直前にもダミーグリッドに着く前のレコノサンスラップでレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス(メキシコ)がコントロールを失い、コースアウトしてバリアーに突き刺さる事態となった。

 決勝は現地時間29日午後3時(日本時間午後10時)に始まる予定だったが、「ディレイ(遅延)」が3度も宣告された末に、予定よりも25分遅れでフォーメーションラップがセーフティーカーの先導で開始された。ところが路面の水量が多く、2周目に入ったところで赤旗中断。選手やチームスタッフらはそこから2時間半以上も待機を余儀なくされた。





 規定では当初のスタート時刻の3時間を超えてレースが続けられないことから午後6時(日本時間30日午前0時)がタイムリミットとされた。が、ベルギーGPのレーススチュワードは国際自動車連盟が定める国際モータースポーツ競技規則に基づくものとして、2時間が経過した午後5時で「時計」をいったん停止すると発表。レースが再開された場合は、事実上の1時間制のタイムレースを実施することを決めた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧