【日本ハム】「育成第1号」の海老原が戦力外、気になるその他育成選手の現状は?

タグ: , 2021/10/8

 プロ野球もいよいよ終盤に差し掛かり、両リーグとも優勝争いが白熱してきた。セ・リーグは既にヤクルト、阪神の両チームがクライマックスシリーズ出場決定。ヤクルトは早ければ8日にも優勝マジックが点灯する。一方のパ・リーグは、首位オリックスと2位ロッテのゲーム差はわずか1.5。オリックスは最短で12日に優勝マジックが点灯する見込みだ。

・今すぐ読みたい→
日本ハム栗山監督退任へ 新監督に求められる「中田色一掃」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-new-baseball-manager/



 
球界が優勝争いに盛り上がりを見せる一方で、今季の戦力外通告が今月4日からスタート。各チームが続々と発表している。

その中で、現在リーグ最下位の日本ハムは、育成の海老原一佳外野手(26)に来季の契約を結ばないことを通達。海老原は球団を通じ、「ここで野球にケジメをつけるつもりです」と、現役引退の意向を示した。

海老原といえば、日本ハムにとっての育成選手「第1号」。左のスラッガーとして期待されていたものの、支配下契約を結ぶことができないまま、ユニフォームを脱ぐこととなった。

とはいえ、2018年の海老原以降、毎年育成選手としての登録が続いている日本ハム。各選手の現状を振り返ってみる。

【2019年育成ドラフト】
◆育成1位 宮田輝星外野手

2021年8月31日に支配下登録。ファームでは通算2本塁打、21盗塁。1軍では通算5試合に出場し2打数無安打。2つの盗塁をマークしている。

◆育成2位 樋口龍之介内野手

2020年9月22日に、球団育成入団選手として初の支配下登録。1軍では通算47試合に出場し、打率.176、1本塁打をマーク。





◆育成3位 長谷川凌太投手

2021年3月16日に支配下登録。今年の春季キャンプでは育成選手で唯一の1軍メンバーに選出。開幕当初はセットアッパーとしても起用されていた。1軍通算成績は5試合に登板し、防御率7.36。2つのホールドをマーク。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧