大事故から復帰し、飽くなき挑戦を続けるレーシングドライバー「命があれば、何とでもなる。」

タグ: , , 2020/9/4

 長屋宏和さん(40)と親交を深めるようになったのは2004年の時、16年も前のことだ。無限プレイングカートフェスティバルに出場するために、カートコースで練習すると聞いて取材をしたのがきっかけだった。

86/BRZレースのレーシングチームで監督を務める長屋宏和さん=スポーツランドSUGOで(鶴田真也撮影)

・今すぐ読みたい→
F1ドライバーで初の新型コロナ感染者が その同情すべき「感染理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/f1-driver-new-corona-virus-infected/



 その2年前、鈴鹿サーキット(三重県)で行われたF1日本GPの前座レースで大きな事故が起きた。かつて存在した登竜門シリーズのフォーミュラ・ドリーム(FD)で激しいクラッシュが起き、宙を舞った1台がタイヤバリアーを越えて中継用カメラのやぐらに衝突した。そのマシンをドライブしていたのが長屋さんだった。

 その事故をプレスルームのモニターで目の当たりにした。レースはそこで打ち切り。長屋さんは救急ヘリで鈴鹿市内の総合病院に搬送された。その後、サーキット側から一命を取り留め、頸椎(けいつい)骨折の重傷と発表された。ただし、それ以上の情報はなかった。

 アイルトン・セナが1994年にF1サンマリノGPで事故死して以降、安全対策が徹底されるようになった。それでも当時は国内外で死亡事故を含む大きなクラッシュが頻発していた。

 長屋さんの事故の翌年には同じ鈴鹿で行われたオートバイのロードレース世界選手権日本GPで加藤大治郎選手が事故で死亡。01年も米NASCARのレジェンド、デイル・アーンハートが事故で命を落とし、CARTのアレックス・ザナルディも大クラッシュで両脚を切断。今を思えば、異常事態だった。

 事故の前から長屋さんを何度か取材した。茶髪のイケメンレーサーで芸能界でも通用しそうなほど。女性ファンも多かった。事故が起きた年はFDから全日本F3に昇格して1年目。鈴鹿の前座レースにはゲスト選手として出場していた。





 事故後は重篤な状況が続き、下半身にまひが残っていると人づてに聞いた。このまま取材に押しかけてもヤボかなと思い、そのまま時が過ぎた。その後、彼がレース復帰を本気で目指しているとの情報をキャッチした。それが04年だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧