燕・田口 M点灯に貢献も「雄たけびガッツポーズ」で異例の謝罪の背景とは

タグ: , , 2021/10/9

 ヤクルトの勢いが止まらない。首位のヤクルトは直接対決となった8日の阪神戦(神宮)に4―と1と勝利。先発の奥川が7回途中1失点で9勝目を挙げれば、村上の先制打など効果的に点を重ね、阪神を撃破。待望のマジックナンバー「11」が初点灯した。

・今すぐ読みたい→
ヤクルト高津監督「今に見ていろ!」 躍進の裏に身内からの「屈辱の最下位予想」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/swallows-breakthrough/



 
 今月に入って負けなしの7連勝。天王山と位置づけた、巨人、阪神との6連戦も連勝を重ねるなど、投打がかみあっての快進撃にはリリーフ陣の奮闘もあった。この日、4―1と3点をリードした7回2死満塁。ヤクルト先発の奥川がピンチを招いて降板し、マウンドに上がったのは左腕・田口。代打・糸井を追い込むと、低めのカットボールで空振り三振に切って取ると「オッシャー!」。雄たけびと共に渾身のガッツポーズを2度繰り返したのだ。

 そんな勝利の立役者となった田口が自身のSNSを更新したのは試合後のことだった。「今日の試合の事 これからの事について綴りました」とタイトルが付けられた文章の中で、「現場では現場にしかわからない事がある」とした上で、この日の試合の場面を振り返り「本日僕自身のマウンドでの振る舞いや、態度には相手選手へのリスペクトが欠けていたと思いました」と謝罪。続けて「1選手として熱い気持ちで戦うのももちろんですが、もっと敬意を持ってマウンドに臨むべきだと思いました」と反省の意を示したのだ。





 日本、メジャーに関わらず投手が相手打者を打ち取ったときや、逆に打者が相手投手から打ったときなど、派手なパフォーマンスは厳禁とされる。その理由としては「まず相手を挑発しないということ。勝負ごとなので、今後の対戦で影響が出かねない。もちろん根底には相手選手へのリスペクトも必要です。その点で確かに今回の田口選手のパフォーマンスは気持ちが出すぎてしまった部分はあるかもしれません」(球界OB)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧