「イノウエが新たなキングだ」井上尚哉がRING誌PFPで1位の快挙!ついに“世界最強”の称号を獲得

タグ: , , 2022/6/11

ドネアをわずか264秒でマットに沈めた井上。その圧倒的な勝ちっぷりが、今回の選考にも影響を与えた。(C)Getty Images

 日本が誇るモンスターが、ついに“頂点”に立った。

 世界で最も権威あるボクシング老舗専門誌『The RING』が6月10日、階級を超越した最強ボクサーを決めるパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新ランキングを発表。7日のノニト・ドネア(フィリピン)戦で2ラウンドTKO勝ちを収めた、WBAスーパー&WBC&IBF統一世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が、日本人として初めて1位に選出された。

【動画】ついに“世界最強”に輝いた井上尚弥!PFP1位の決定打になった、ドネア戦の“264秒KO劇”をプレーバック

 9人のパネラーによる投票では、5票が井上、4票がWBAスーパー&IBF&WBO統一世界ヘビー級王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)に投じられたという。同誌は「ナオヤ・イノウエが新たなパウンド・フォー・パウンドのキングだ」と題した記事で、その投票理由を紹介している。

 最終的に決定票を入れた『The RING』編集長のダグ・フィッシャー氏は、「イノウエのパフォーマンスはセンセーショナル。彼の攻撃的なボクシングは完璧だった」「1位はイノウエとウシクの一騎打ち。どちらがPFPのトップにいても問題はない」と説明。また、井上を推したトム・グレイ氏は、「ドネアとの再戦は、まさに虐殺だった。ほとんどの人が勝利を予想していたが、これほど一方的な展開を予見していた人はほとんどいなかっただろう」とドネア戦の圧勝を評価し、ディエゴ・モリラ氏も「イノウエが、他のすべてのファイターが憧れるべきファイターであることは否定できない。“速い”、”狡猾”、”常に絶好調 “というのは、現時点では控えめな表現だ」と称賛の言葉を並べた。

 今回の発表を受け、「日本人がこれまで誰も辿り着けなかった場所まで来た」と自身のTwitterで投稿した井上。ついに“世界最強”の称号を得たモンスターは、いったいどこまで進化するのだろうか。

 『The Ring』の最新PFPランキングは下記の通り。

1位 井上尚弥(大橋)
2位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
3位 テレンス・クロフォード(米国)
4位 エロール・スペンス(米国)
5位 フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
6位 サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)
7位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
8位 ドミトリー・ビボル(ロシア)
9位 ジョシュ・テーラー(英国)
10位 ジャーメル・チャーロ(米国)





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】井上尚弥の肉体を「進化」させた食事・栄養改革。プロテインを使うようになった理由とその使い分けは?
【関連記事】「他の選手とは全然違う」井上尚弥は“減量”の上手さも別格!カラダづくりを支える管理栄養士が感じたモンスターの進化
【フォトギャラリー】ドネア戦の激闘を振り返る!“地球上で最強のアスリート” 井上尚弥を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧