ライコネンが今季限りでF1から引退「これから経験したいこと、楽しみたいことがたくさんある。またそのうち会おう」

タグ: , , 2021/9/6

 現役最年長の41歳でF1に参戦しているアルファロメオのキミ・ライコネン(フィンランド)が今季限りでF1から引退することを表明した。

 2007年のシリーズ王者で歴代最多の345戦にエントリー。一時はラリードライバーに転向して世界ラリー選手権にレギュラー参戦したり、米NASCARにスポットで出場するなど、多才ぶりも示した。ただ、18年を最後にフェラーリを離れ、01年にデビューした際の所属先ザウバーを運営母体とするアルファロメオに移籍したことで引退へのカウントダウンはすでに始まっていたともいえる。

キミ・ライコネン(アルファロメオ提供)

・今すぐ読みたい→
実は意外に多い!? 五輪・パラリンピックに出場した「元F1ドライバー」たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/former-f1-driver-participated-in-the-olympics/



 自身のインスタグラムなどでも「今年が僕にとってF1での最後のシーズンになる。昨冬に決断した。簡単に決められることではなかったが、今季を終えた後が新しいことへの始まりとなる」とつづり、「シーズンの途中ながら、この機会に、家族、チーム、僕のレース人生に関わったすべての人たち、特に僕を応援し続けてくれた素晴らしいファンの皆さんに感謝を申し上げたい。F1の活動に終止符が打たれるが、これから経験したいこと、楽しみたいことがたくさんある。またそのうち会おう」。現王者ルイス・ハミルトン(英国)以上に孤高を持するドライバーらしく、簡潔な内容に徹していた。

 ハミルトンも最多勝、最多ポールポジションなど数多くのF1記録を打ち立ててきたが、ライコネンも負けていない。F1のエントリー数以外に、決勝スタート341回、完走271回、年間ファステストラップ獲得回数10回、3位の通算獲得回数45回はいずれも歴代最多。そのほか初優勝から直近の優勝までの期間が5181日、次に勝利をマークするまでの間隔が114戦など「珍」最長記録も持っている。





 デビューした時は大いに騒がれた。いわゆる飛び級でのF1デビューだったからだ。今でもジュニアカテゴリーのF3を経験してF1に駆け上がる選手がほとんどだが、ライコネンはF3よりもさらに下部のF・ルノー2000を経験しただけで、ザウバーと電撃契約を交わしてF1ドライバーに昇格した。そのため、発給されたスーパーライセンスは4戦限定の仮免許。デビュー戦でいきなり6位入賞を果たし、即座に正規ライセンスに切り替わったという鮮烈ぶりだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧