B1リーグ、終了間際に追いつかれた三河が惜敗。島根の勢い止められず

タグ: , , , 2022/4/7

 4月6日(水)に行われたB1リーグ第29節。シーホース三河は、島根スサノオマジックと対戦した。三河のエースとして活躍した金丸晃輔が島根への移籍し、初のウィングアリーナ刈谷への凱旋試合となった。

三河は、立ち上がりから苦しい展開に。一時、二桁ビハインドを背負うが、ローレンスⅡ、シェーファーらが奮起して逆転に成功する。しかし、終了間際に追いつかれオーバータイムに突入。島根の勢いを止められず84–90で惜敗した。





―試合結果―
2022年4月6日(水)
三河 ● 84 – 90 〇 島根
(三河通算成績 23勝19敗)

1Q 三河 17–24 島根


二桁ビハインドもシェーファー、#9ローレンスⅡの得点で持ち直す

スターティング5は、#4細谷、#9ローレンスⅡ、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

オールコートでハードなディフェンスを仕掛ける島根にオフェンスのリズムを崩され、#3安藤らに高確率に3Pシュートを決められて、開始3分で3-15と出鼻をくじかれる。

#19西田のアシストで#32シェーファーが得点。#54ガードナーのワンマン速攻、#9ローレンスⅡがフロントコートでパスカットして自らフィニッシュ。オフェンスリバウンドを#19西田が奪って#54ガードナーのゴール下を決めて11-17と追い上げる。

#9ローレンスⅡ、#32シェーファーが立て続けに3Pシュートを射抜いて2点差に迫るが、島根#2ビュフォードに連続で決められ、7点ビハインドで1Qを終える。

・今すぐ読みたい→
辻西武 泥沼6連敗!「職場放棄」に「SNSナンパ」 浮き彫りになる常勝軍団の「問題点」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/lions-problem/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧