アベック満塁弾の阪神・ボーアとサンズ 驚異の勝率の7月と両助っ人の成績を徹底比較

タグ: , , , 2020/7/29

 ここで28日現在までの両助っ人とチームの、6、7月の成績を比べてみたい。

●チーム
 6月 2勝8敗
 7月 14勝6敗1分け

●ボーア
 6月 31打数6安打、打率・194、0本塁打、1打点
 7月 61打数19安打、打率・311、7本塁打、18打点

●サンズ
 6月 11打数1安打、打率・091、1本塁打、3打点
 7月 68打数24安打、打率・353、5本塁打、17打点

 数字を見比べてみれば一目瞭然。現在、セ・リーグでナンバーワンの勢いをもたらしているのは、両助っ人砲に他ならない。

 同一チームで1試合2本のグランドスラムは、昨年巨人が阪神戦で炭谷とゲレーロが記録して以来、史上28度目。ともに外国人選手に限れば、1978年4月に広島のギャレットとライトルが中日戦で放って以来、42年ぶり2度目となる。

 ギャレット、ライトルといえば、その翌1979年に広島の日本シリーズ初優勝に導いた伝説の2人組。ギャレットは78年にシーズン40本塁打するなど、在籍3年で102本塁打。ライトルは広島在籍6年で157本塁打を放った。山本浩二、衣笠祥雄に続き広島黄金時代に欠かせなかった2人だ。

 カープ伝説の再現は、タイガースにももたらされるのか。序盤のつまずきを取り返して余りあるボーアとサンズの逆襲。多くの虎党は2人は「本物」と確信し始めたに違いない。





※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

・今すぐ読みたい→
この10年の神ドラフト史!この年、この球団の指名が最高すぎる https://cocokara-next.com/motivation/the-history-of-the-draft-of-the-last-10-years/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧