バレー柳田・弟が語るイタリアの練習姿勢、内容、雰囲気

タグ: , 2019/5/27

185cmの大型リベロ プロバレーボール選手 柳田貴洋

 実兄で、バレーボール全日本男子代表でもある柳田将洋の背中を追いかけて、小学生からバレーボールを始め、中・高・大学の各世代では、多くの実績を残している柳田貴洋。卒業後は競技から引退し、海外で働くという夢を実現すべく商社への就職を決めていた。しかし、大学4年生の冬、2018年12月に欧州リーグ挑戦、プロ宣言をした。

 全日本代表に選ばれたことがない柳田貴洋が、この決断をできた背景には、多くの方の支えと応援、そして、イタリアへの留学経験がある。

「海外で仕事をしたい」が始まり。バレーボールのイタリア留学へ


「僕は、大学卒業後は海外で仕事をしたいという想いがあったので、親からの仕送りを貯めて、英会話教室に通っていました。でも…お金が足らなくなって、4ヵ月しか通えなかったんです(笑)この想いを知っていたんだと思うのですが、スタッフの方から『イタリア留学』のお話をいただいたのが、大学3年生の時でした。

渡航費や生活費など、留学にかかる費用は、中央大学バレーボール部の後援会が全面的に支援してくださり、海外の選手とプレーする機会をいただきました。この経験ができたことに、本当に感謝しています。」

・合わせて読みたい→
中大卒のバレー柳田・弟、商社内定を蹴り欧州リーグ挑戦へ きっかけは「海外で働きたい」?(https://cocokara-next.com/motivation/takahiroyanagida-interview-01/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧