バレー柳田・弟、就職内定を蹴り、欧州プロリーグ挑戦へ。185㎝の大型リベロが世界一を目指す

タグ: , 2019/5/25

185㎝の大型リベロ プロバレーボール選手 柳田貴洋 ―②ポジションチェンジの葛藤と決断。そして海外での経験―

 2018年12月、プロ宣言したバレーボール選手の柳田貴洋。

 実兄であり、バレーボールの全日本男子代表でもある柳田将洋の背中を追いかけて、小学生からバレーボールを始め、中・高・大学の各世代では、多くの実績を残している柳田貴洋だが、日本代表の経験はない。海外では無名の選手が、バレーボールの強豪国が集まるヨーロッパのリーグに挑もうとしている。

3つのポジションを経験。広い視野を持つ大型リベロ


「小・中学生の時は、スパイカーでした。高校2年生の時、セッターにポジションが変わったのですが、それは自身の希望ではなく…。下級生の入部がなかったから、ポジションに人がいなくなってしまったからなんです。その時は、気持ちを切り替えて、『セッターとして全日本に出る』、『セッターで日本一』という気持ちでいました。

 リベロへの転向は、大学3年生の時。だから、今はまだ3年目なんです。この時も悩みましたし、葛藤もありました。コロコロとポジションが変わるのって、どうなんだろうって思った時期もありました。でも、自分の考えに固執するのも良くないですし、サポートしてくださっている方の意見やアドバイスは大切で、信頼関係がある方が、『自分にとってマイナスな提案はしない』、そう思って、リベロへの転向を決めました。」

・合わせて読みたい→
中大卒のバレー柳田・弟、商社内定を蹴り欧州リーグ挑戦へ きっかけは「海外で働きたい」?(https://cocokara-next.com/motivation/takahiroyanagida-interview-01/)

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧