これだ!飲食店のコロナの明暗をわけている理由

タグ: , , 2020/5/24

[記事提供:飲食店販促コンサルティングの飲食店繁盛会]

 こんにちは!

小島です。

先日、3都府県の緊急事態宣言が解除されました。

東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・北海道は今日は何も無しでそのまま継続。

これは残念・・・。

段階的に解除しなかったですね。

それでも、数日前、池袋・大宮と歩いた感触では5割ほどの人。

大分戻ってきていますね。

その中で、50年近く営業している老舗のお店の閉店が決まったとの報道をみて思いました。

コロナの明暗をわけているもの。

・今すぐ読みたい→
これからどうなる?飲食店がとる予測と対応 https://cocokara-next.com/motivation/predictions-and-actions-taken-by-restaurants/


それは、利用動機の広さ。

これが原因として挙げられると小島は思います。

利用動機が広い業種業態は、売上減が厳しくてもコロナ対応をして存続できている。

逆に利用動機が狭い業態。

この業態は苦戦しており、中々新しい販路に繋げることが難しいといえます。

例えば、鍋業態。

利用動機が狭い。

もともとの多人数で食される鍋。

ここから、1,2人の利用動機に合わせるのはかなりのハードル。

そして焼肉業態はどうでしょうか?

焼肉業態はこれも複数人で利用することが大きいが、弁当などはもともとの需要があり、定食にも変化させることができるので、ハードルは多いが時代の変化に合わせて対応できている。(これは店主の努力の賜物ですね。)

こうした業種業態の利用動機の広さが今後のコロナなどの感染症に対しては重要な割合を占めていると小島は考えています。





「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧