「グレイシー一族に恨まれ続けた」元PRIDE戦士のコロナ禍で前進するためのポジティブ対談 『明るい未来をバズらせろ!』

タグ: , , 2020/12/23

思考を止めず、ちゃんと恐れて、明るい未来をバズらせろ!

 この対談は『ビジネスエリートがやっているファイトネス』の著者・大山峻護が各界で元気に輝きを放ち活躍しているこれはと思う人達をゲストに迎え、コロナ禍の今だからこそ必要なポジティブメソッドをみなさんにお届けするもの。

第2回は累計160万部のベストセラー作家で夢-実現プロデューサーとしても活動する山崎拓巳さんです。情報を集め思考を深めることで、目の前の恐れを克服していく……。そんなお話です。

・今すぐ読みたい→
「グレイシー一族に恨まれ続けた」元PRIDE戦士のコロナ禍で前進するためのポジティブ対談 『困難な時期の今こそ面白がれ!』 https://cocokara-next.com/motivation/shungooyama-serialization-01/

情報に踊らされず自分の中で議論することが大事


大山峻護(以下大山) 山崎(拓巳)さんはこのコロナ禍をどう感じましたか?

山崎拓巳(以下山崎) 当初から「緊急事態だな。パンデミックになるな」とは予想していたところがありました。というのも世に流れていたニュースには報道規制が入っていたとは思うのですが、そんな中、感染が拡大していく中国の情報が得やすかったのが実はTikTokでして、そこからいろいろと情報を得ていました。もちろん全部の情報が信じられると思ってはいませんでしたが、かなりひどいなという情報は伝わってくるというか。
なので落ち込むというよりは、逆に情報を手に入れて頭がさえわたるという感じでしたね。

大山 頭がさえわたるですか!?

山崎 恐れてばかりいると思考は止まると思うんです。だから冷静に情報を集めて、今どう動くべきか判断することが大事だと思っています。これは、阪神・淡路大震災の時も、東日本大震災の時も同じでしたね。

大山 情報を取るのがまず大事ということですが、今のコロナ禍では多くの人がテレビから情報を得て、「大変だ、大変だ」と思考停止になってしまっているところがあると思うんですよね。その点はいかがでしょうか?

山崎 情報の少ない人というのはテレビの情報だけで怯えてしまところがあります。ただ、テレビにはスポンサーがいますし、そこには情報の意図というものがあり、必ずしもジャーナリズムだけとは限らないんですね。もちろん僕が発信する情報もそうですし、大山さんの発信する情報もそうですよね。
だからこそ、情報そのものの意図を精査し、偏った先入観だけで情報を取りに行くのではなく、幅広く仮説を立てることが大事になってくるんです。

大山 仮説ですか?

山崎 はい、仮説です。例えばコロナで言えば「そんなに恐れることじゃないんだよ」みたいな仮説です。つまり、自分の中でディベートしていくためのAとBを作っていく必要があると思うんです。

これは元オリンピック選手の為末大さんが言っていたことですが、為末さんは「今はコアトレーニングだ、体幹だという話を聞くと、あえて『根性だ』というほうを研究してみる」というんです。これは単にマジョリティ(多数派)に対するアンチ(対局)という話ではなく、マジョリティをより深めるためのアンチなんですね。

こうやって自分の中に意図的にアンチを作って議論を戦わせていくと、より深い考察になっていきます。情報を取っていく時も、それをやっていくことがすごく大切かなと思いますね。





大山 コロナ禍では特にその考え方は大事ですね。

山崎 そうですね。コロナの流行当初は日本はゆっくり対応していましたよね。でも僕は「最悪の事態が起きるんじゃないか?」という仮説で情報を集めていました。すると今度は「コロナがヤバい」となり始めたので、今度は「実はコロナは大丈夫だ」という情報を集めて、自分の中でそれらをぶつけていきながら、自分の考察を深めていくということをやっていましたね。

大山 なるほど! そうすることで思考は停止しないですし、いたずらにネガティブな方向へ引っ張られずにいられますね。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【受注生産】堀口恭司チャンピオン復帰記念 メタルフォトフレーム

RIZIN.26で朝倉海選手に見事に勝利し、RIZINバンタム級チャンピオンに返り咲いた 堀口恭司選手のメモリアル限定デザインのメタルフォトフレームを販売いたします。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧