知っておきたいダイエットの『腹八分目』その見極め方とは!?

タグ: , 2019/7/20

腹八分目に抑えるポイント

噛む回数を増やしながら食べる

一口で噛む回数は、最低でも20回は超えるように目指してみましょう。

噛む回数が減ってしまうと、

・食事にかかる時間が減る

・消化不良を起こしやすくなる

・満腹感が得られない

噛む回数が増えれば満腹中枢が刺激されやすくなるため、腹八分目を見逃しにくくなりますし、食事にかかる時間も増えて食べ過ぎを防ぐことができます。

最初はスープ類から飲む

スープや汁物系の料理があるときは、そこから食事を始めていってください。

汁物はお腹が膨れやすいですから、満腹感を感じる手伝いをしてくれます。

できれば野菜類の含まれたスープ系の料理が理想です。

野菜は食物繊維が多く含まれているため、血糖値の上昇を緩やかにし、食後の腹持ちを良くしてくれます。

味噌汁や野菜スープなどを毎食付け合せておくのがおすすめです。

[記事提供:芸能人が日本一通うApple GYM(アップルジム) https://applegym.jp/]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧